作業着としてピットシャツを取り入れるメリットとデメリットの詳細

作業服は汚れやすい環境で働く人が着用する衣類なので実用性を第一に考えたデザインになっています。頑丈な作りにするために生地も厚手の物が使われているのが普通です。しかし、作業服の中にはピットシャツのように派手なデザインに作られた物もあります。

ピットシャツの特徴を把握し、作業現場で上手に着こなす方法を学びましょう。

作業服に耐久性の高さが求められる理由

作業服は厚手の生地で作られている物が多いので耐久性が高く、薬品や熱水などの刺激に強いのが特徴です。作業服は過酷な環境での作業に従事する人が身に着ける衣類として普及していますが、耐久性の高さはそのまま、着用している人の安全を守ることに繋がっています。

頑丈な作りの衣類は破れる危険が少なく、素肌の露出による重大な怪我を回避出来るのが利点です。作業服は袖や裾が長く、肌が露出している部分を可能な限り減らしている作りになっているのは着用している人を保護する目的があります。

そのため、作業服を購入する際は自身の体形に合致した寸法の物を選ぶのが安全に仕事を行うための条件です。

また、耐久性の高さは劣化の程度が遅いことにも繋がっています。

工事現場や工場のラインは過酷な環境の所が多く、市販されている一般の衣類ではすぐに生地が傷んでしまいます。耐久性の高い作業服であれば傷みの進み具合が遅く、長く着用することが可能です。そのため、品質が良い作業服は販売価格が割高になっている物が多い特徴があります。

また、防水や耐熱などの加工が施されている作業服は更に価格が高額に設定されているので購入の際は注意が必要です。

ピットシャツの特徴と着用に適した作業環境について

作業服の一種であるピットシャツはカーレース場にある車両の整備施設であるピットの作業員が着用しているチームシャツを基にしています。デザインが派手で生地も薄手の物が使われている特徴があります。また、ピットシャツの多くはデザイン性を重視していることから半袖で装飾用のボタンやファスナーが付いています。

実用性を第一に作られた作業服の中では異質の衣類ですが、華やかな外観からカー用品の販売店など整備作業と併せて接客業務も行う業種に就く人が着るのに適しています。また、統一されたデザインにすることで着用している人が同じグループに属していることを客観的に判別させることが可能です。

そのため、規模が大きい工場の制服として採用されるケースもあります。ピットシャツはおしゃれなデザインからカジュアルな私服としての需要も多く、一般の販売店でもオリジナルのデザイン作成を依頼することが出来ます。

薄い生地の上着をそのままピットシャツに転用することも出来るので、サイズ選びも容易なのが広く普及した理由の一つです。作成費用も安価なことが多いので小規模な工場や販売店で制服として採用されることも多く、馴染みの深い作業服として認知されています。

オリジナルデザインのピットシャツは通販会社でも作成を依頼することが可能なので、枚数やデザインの指定、装飾品の有無などを自由に決めることが出来るようになっています。

ピットシャツのデメリットについて

華やかなデザインで明るい雰囲気を演出出来るピットシャツですが、メリットが多い一方でデメリットも存在します。一般の作業服と比べて使用している生地が薄いことから耐久性がやや低いのが欠点です。薬品や熱水などの刺激に弱く、ほつれや破れなどの不具合が生じやすい点を注意する必要があります。

また、明るい色合いのピットシャツは汚れが目立ちやすいことから不潔な見た目になりやすいのも他の作業服には無いデメリットの一つです。生地が薄いので洗濯をしても時間をかけずに乾燥させることは出来ますが、油脂などの特殊な汚れは生地に沁み込むと完全に洗浄するのは困難です。

そのため、ピットシャツを着用している際は汚れやすい作業現場には近づかないのが賢明です。ピットシャツは見た目が派手なので目立ちやすいことから、店名や商品名などをデザインに取り入れることで効果的な宣伝が可能になります。

その一方で派手な外観から人によっては軽薄なイメージを抱いてしまう可能性もあるので、業種によっては制服としての使用には不向きです。場合によっては地味なデザインの上着を重ね着することで対処することもありますが、ピットシャツの特徴である華やかな雰囲気の演出を損なう結果に繋がるので慎重に判断することを心がけます。

ピットシャツを家庭で洗濯する際の注意点

ピットシャツは薄手の生地で作られている物が多いので、家庭用の洗濯機でも一般の衣類と同様に扱うことが出来ます。乾燥時間も長くかからないのが他の作業服には無い利点ですが、派手な色合いのピットシャツの中には洗濯の際に色落ちが起こる物があります。

他の衣類に色がうつってしまうおそれがあるので洗濯の際には注意が必要です。また、油脂や薬品などの特殊な汚れを洗浄するには専用の洗剤を使う必要がありますが、含有成分によっては衣類の生地を傷めてしまうことがあります。

ピットシャツの生地は薄いので頻繁に洗濯を繰り返すとすぐに劣化します。そのため、洗濯の際は汚れの度合いに合わせて使用する洗剤の量や回数を調節するのがピットシャツを長持ちさせるための工夫です。

家庭用の洗濯機は乾燥機能が付いている物がありますが、作業服に沁み込んだ汚れの成分によっては高温に晒されると発火する危険があるので注意します。特に生地が薄いピットシャツは発火性の成分がわずかでも沁み込んでいると危険性が増大するので、洗濯の後は通気性が良い場所で自然乾燥させるのが賢明です。

また、シワが出来やすいことから必ず形を整えて吊るすことを心がけます。

作業服のお手入れを上手に行うコツ

作業服は耐久性の高さを保つのが長く愛用するためのコツです。衣服の傷みは微小なほつれや生地の劣化から進むことが多いので、こまめに状態を確認して不具合が見つかったらその都度、補修を施すことを心がけます。作業服は実用性を重視することが大切なので、見た目の良し悪しは二の次にして当て布などで補強するのが最善の対処法です。

しかし、ピットシャツの場合は見た目の華やかさを保つことが大切なので、補修は裏側から行うなどの工夫が求められます。また、ボタンやファスナーの補修も周りの生地の状態に合わせるのが自然な仕上がりに繋がります。